草刈りと併せて知っておきたい大木の伐採について

大木の伐採方法

伐採

大木の伐採を行なう際、通常の伐採と場合によっては特殊伐採という方法もあります。それぞれの特徴をご紹介します。

通常の伐採と特殊伐採

通常の伐採
大木の根元にチェーンソーで切り込みを入れて切り倒すというのが、多くの人がイメージしている伐採方法でしょう。通常の伐採ではこの方法以外にも、木の上部から少しずつ切り落としていくという方法もあります。これらの方法は、木を切り倒すスペースが確保できている場合や周囲に建物や電線がない場合に限ります。最近では住宅地や神社などでも伐採をするようになり、そういった場所では建物や道路・電線などが近くにあるため通常の伐採方法では作業が難しいというのが現状です。
特殊伐採
通常のやり方で伐採ができない場合は、クレーン車や木登り職人による「特殊伐採」を行ないます。この方法では木を切り倒すことなく伐採することが可能です。作業員が木に登って、上部から少しずつ枝などを伐採し、クレーンでつり上げて地面におろします。クレーン車が進入できない場所では、木に登った作業員が下を確認しながら伐った枝を吊り下ろしていきます。特殊伐採は通常の伐採作業に比べて、作業員の技術が必要とされますし、危険度も高くなります。

大木の種類によっては買取をしてもらうことも可能

伐採した大木の使い道

伐採した後の木の処分をどうしたらいいか分からないという人は、業者に買取をしてもらうと良いでしょう。伐採業者の中には伐採した原木を買取してくれるところがあります。そのまま燃やしてしまうよりは丸太として利用してもらうほうが環境にもやさしいです。

病気の木は買取してもらえない可能性あり

ただし、病気になっている大木は買い取りしてもらえないので、事前に木の状態を確認しておきましょう。原木の買取金額は業者によって異なるため、気になる人はあらかじめ業者に問い合わせて聞いてみる良いかもしれません。

TOPボタン